こだわりのお茶栽培」








有機JASマークの由来

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

安心・安全へのこだわり/有機JASへの取り組み

平成11年のJAS法改正に伴う日本農林規格制定により、日本国内で流通する農産物及び有機農産物加工食品のうち、「有機」の表示をすることができるのは、有機JAS認証を受けたもののみとなりました。
認定は、農林水産省が審査の上で登録をした「登録認定機関」が行います。
有機JAS認証は、生産行程管理者(農家/農業団体)・製造業者・小分け業者・輸入業者を対象としています。
左記の「登録認定機関」により認定された事業者のみが、その品物に有機JASマークを貼り販売することができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。



有機農産物の生産の原則

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用したほ場において生産されること。

有機農産物の生産方法の基準

農業堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上および栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)原則として化学的肥料および農薬は使用しないこと・遺伝子組み換え種苗はしようしないこと。









豊かな自然環境の恵みを余すとこなく活用すべく、人にも環境にも優しい無農薬・有機栽培に取り組んでいます。安心・安全が私たちのキーワードです。 有機栽培ができる豊かな自然環境



井ヶ田製茶直営茶園
(全園有機JAS取得)
児湯 豊緑園
(森本健太郎くん)


農業改良普及所の方がフェロモントラップなどで圃場の害虫を調べたところ、他の慣行栽培茶園よりむしろ少なかったそうです。自然ってすごいですね。

直営茶園は標高350〜450mの霧深い山あいの斜面にあります。周りを杉林に囲まれ完全に独立した形態の茶園敷地内には、湧き水が流れ、その清流の中には「わさび」や「クレソン」が自生しています。春になるとツクシはもちろんワラビやゼンマイ、ウド、ふきのとう、名前もわからない野花など・・。たくさんの自然が私たちの新茶作りを歓迎してくれます。


平成4年3月より無農薬栽培を開始。
平成7年より無農薬・無化学肥料栽培を始める。
平成13年に有機JAS法の表示が始まると同時期に有機認定を取得。

有機栽培にして農薬や化学肥料を使わなくなると最初は害虫などの影響を受けて収量は減少しましたが、2〜3年をピークにだんだんと以前と変わらなくなってきました。天敵などを含めた生態系のバランスがとれてきたからなのか害虫による被害もあまり広がらなくなってきました。

健太郎君はご家族と一緒に茶園管理と摘採・製造をして、すばらしい荒茶を作ってくれています。

有機JAS認定圃場

系列茶園としてJAS有機グループ認定を受けています。



無農薬圃場(農薬不使用)


一部の圃場では農薬を使わないが味の良い物を作ろうということで芽出し肥えとして必要量だけ化学肥料を投入しています。









有機認定証のご案内 年次検査通知のご案内
クリックすると有機認定証を
PDFファイルでご覧いただけます。
クリックすると年次検査通知を
PDFファイルでご覧いただけます。
有機認定証
(製造業者)
有機認定証
(生産工程管理者)
有機認定証
(小分け業者)
年次検査通知
(生産)
年次検査通知
(製造)
年次検査通知
(小分)
PDFファイルをご覧になれない方はコチラのアドビリーダー(PDF)無料ダウンロードをダウンロードしてください。




Download Free Adobe PDF reader





Copyright (c) 井ヶ田製茶 All Rights Reserved.



ページのトップへ戻る