おいしい「煎茶」の淹れ方

「おいしいお茶を淹れるのは難しい……」と感じていませんか?
お茶をおいしく淹れるには、「茶葉の量」「お湯の量」「お湯の温度」などちょっとしたコツが必要です。

お茶の種類によって淹れ方は異なりますが、ここでは「煎茶」の淹れ方をご紹介します。
淹れ方のポイントをおさえ、おいしいお茶をお楽しみください。

おいしい「煎茶」の淹れ方(2人分)

煎茶は爽やかな香りと「うま味」「甘味」「渋味」が特徴です。
この3つの味をバランス良く出すためには、お湯の温度や茶葉の量をうまく調節することがポイントです。

1、お湯を入れる


沸騰したお湯を湯呑みに入れ、約70℃~80℃に冷まします。

器にお湯を移すごとに約10℃湯温が下がります。
例えば、熱湯をポットに移して90℃位、さらに湯呑みに移して80℃位です。

急須ではなく湯呑みにお湯を入れることで、適温まで冷ましながら湯呑みを温められます。
また、お湯の量も簡単に測れるので一石三鳥です。
1人分のお湯の量は約60ml、湯呑みの8分目を目安にすると良いでしょう。

煎茶は90℃以上の熱いお湯で淹れると渋味が強くなり、低温のお湯で淹れると甘味が溶け出しうま味が出るといったように、お湯の温度によって味が変わります。
うま味と渋味をバランス良く引き出せる約70℃~80℃がおすすめの温度です。

2、茶葉を入れる


茶葉を急須に入れます。
1人分約2~3gを目安にして、2杯分で約5gの茶葉を使用します。ティースプーン軽く1杯が約2gです。
(上級・中級煎茶とで茶葉の量は変わります。)

茶葉の量はおいしく飲むためのポイントのひとつ、少々多めでも構いません。
1人分を淹れる場合も約4g~5gと多めがおすすめです。

3、お茶を注ぐ


湯呑みで冷ましたお湯を急須に入れて蓋をします。
約60秒、茶葉が開くまで急須を揺すらず、じっくり待ちましょう。

時間が経ったら湯呑みにお茶を注ぎます。
このとき、お茶の「濃さ」と「量」が均等になるように注ぎ分けることが大切です。

複数の湯呑みに注ぐときには、少しずつ、数回に分けて注ぎ分けます。
これを「まわし注ぎ」といいます。
例えば、湯呑みが2個の場合、1→2と少量ずつ注いだら、2番目の湯呑みにもうひと注ぎして2→1と戻ります。これを繰り返して注ぎ切りましょう。
一度に注ぐのではなく、少量ずつ3~4回ほど注ぎ分けると均等になりやすいです。

ここでのポイントは「最後の一滴」まで注ぎ切ることです。
1煎目のお湯を残すとお茶の成分が出続けてしまい、2煎目が渋くなってしまいます。
うま味が凝縮された最後の一滴まで丁寧に注ぎ切ってください。
また、急須の蓋を外しておくと茶葉が蒸れず、2煎目もおいしくいただけます。

2煎目は1煎目より高めの温度のお湯を入れます。
すでに茶葉が開いているため、蒸らし時間は1煎目の半分程度(約30秒)がおすすめです。

淹れ方のポイントをおさえるだけで、どなたでもおいしいお茶が味わえます。

煎茶はお湯の温度によって味が変わります。
うま味と渋味がバランスよく出せる約70℃~80℃がおいしい煎茶の適温です。
複数の湯呑みに注ぐ場合、濃さや量が均等になるように「まわし注ぎ」をすることもお忘れなく。

基本を理解すれば、自分好みのおいしい淹れ方が楽しめます。
香りやうま味を堪能したい、鮮やかな水色を楽しみたいなど、気分やシーンに合わせてお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。


お茶についてもっと知る

井ヶ田製茶北郷茶園ブログTOPへ