「べにふうき」がつらい花粉症に効くって本当?症状を緩和するお茶とは

花粉症

春が近づくと同時に、「またこの時期がやってきた・・・」と、辛い花粉症でお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

みなさんは、『べにふうき』という品種の緑茶をご存知でしょうか?
きっと、初めて耳にする方も多い緑茶だと思います。

べにふうきには、アレルギーを抑制する成分・メチル化カテキンが豊富に含まれていることから、花粉症予防や症状の緩和にも効果が期待できるお茶として注目されているのです。

今回は『べにふうき』の特徴やおすすめの飲み方、そして気になる花粉症対策までをご紹介します。

べにふうき(紅富貴)とは?

べにふうき(紅富貴)は、もともと紅茶用に開発された茶品種です。
べにほまれ(アッサム雑草の紅茶)を母に、枕Cd86(ダージリン在来)を父にもつ「べにふうき」は、日本初の紅茶・半発酵茶(烏龍茶系)兼用品種として、1993年に命名登録、1995年には品種登録されました。

べにふうきは開発当初、国内でなかなか流通することがありませんでした。
その理由は、1971年にはすでに紅茶の輸入自由化が始まっていたからです。
その後も研究がすすめられ、べにふうきにはアレルギーを抑制するメチル化カテキンを多く含んでいることが分かりました。

メチル化カテキンは、紅茶にすると発酵により消失してしまいます。
メチル化カテキンをそのまま維持するためには、べにふうきを緑茶に加工する事が必須です。
カテキンが多い緑茶は、皆さんご承知の通り「渋味」や「苦味」を強く感じてしまいます。
そのため個人差もありますが、飲みづらさを感じることも・・・

そこで井ヶ田製茶では、渋味や苦味を緩和するために、「べにふうき」の一番茶と二番茶をブレンドして、じっくり焙煎することで飲みやすく機能性の高い緑茶へ仕上げました。

<黒山べにふうきティーバッグ通販サイトはこちら

メチル化カテキンが花粉症緩和に有効

べにふうきを飲むと、花粉症が緩和されるとお聞きになったことはありませんか?
近年では誰もが、何かしらアレルギーの悩みをもつと言われる時代です。

特に多いのが、花粉症。
目がかゆくなり、鼻がムズムズしたり、鼻水が止まらなくなったり、頭痛を起こすなど症状はさまざまです。
そんな辛いアレルギーを抑制してくれる作用が、『メチル化カテキン』にあると明らかになったのは1999年のこと。
メチル化カテキンとは茶葉に含まれるポリフェノールの一種で、そのなかで最も多いとされるカテキンのエピガロカテキンガレートの一部がメチル化されたものです。

べにふうきには、このメチル化カテキンが多く含まれています。
含有量も一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶と順に多くなります。飲用すると他のカテキンに比べると5~6倍の吸収率の良さです。 

しかしメチル化カテキンは、発酵させると消失してしまい、別の成分に変わってしまうことが分かっています。
そのため茶葉を発酵させて作る紅茶では、まったくアレルギー抑制作用はなくなってしまうということになるのです。
簡単にいえば、紅茶を飲んでも効果は期待できないということになりますね。
そこで発酵させることなく製造する緑茶とし、メチル化カテキンをそのまま含んだべにふうき緑茶が完成したのです。

メチル化カテキンは、かゆみの元となるヒスタミンを放出するのを抑制する事が分かっており、メチル化カテキンを多く含むべにふうき緑茶は、スギ花粉症や通年性アレルギー症状を緩和するなどの、アレルギー予防効果が確認されています。
また生姜(ショウガ)エキスを少量添加すると改善効果が増強される事も明らかになりました。
べにふうきを飲んで少しでも症状が楽になれば、春の訪れが楽しみになりますよね。

花粉症の症状を抑えたい方は、スギ花粉が飛散し始める1.5ヶ月前から飲用すると効果的です。
早めに飲みはじめ、予防策をとっておくことで、いざ花粉到来のシーズンがきても症状が軽く抑えられることが期待できます。

おすすめの飲み方と注意点

べにふうきを飲んで花粉症に備えるために、おすすめの飲み方をご紹介しましょう。

べにふうきの入れ方は茶葉の場合、急須に茶葉を入れ熱いお湯(90~95℃)を注ぎ、2~3分そのまま待ちます。
メチル化カテキンは高温でよく溶け出します。

湯飲みに注ぐときには最後の一滴からもしっかりとメチル化カテキンを摂取してからお飲みください。 しかし、茶葉のままだと外出先などでの抽出が大変ですよね。
そこでおすすめしたいのが、ティーパックです。
職場などにも持参でき、休憩時間やお昼などに手軽に注いで飲むことができます。

べにふうきの気になる点である「苦味」と「渋味」は、どうも苦手で飲みづらいという方もいらっしゃるでしょう。
そんなときには、しょうがエキス(生をすりおろすより、ジンジャーパウダーなどがおすすめ)や、はちみつを入れてお試しください。
渋味がそれほど気にならなくなり、飲みやすくなりますよ。

べにふうきは花粉症緩和のためおすすめしたい緑茶ですが、飲用する際に気をつけていただきたいことがあります。

カフェインが含まれているため、妊婦の方は飲用を控え、胃の弱い方は空腹時の飲用を避けるように心がけてください。
また就寝前に飲用すると、なかなか眠りにつけなくなることがあるかもしれません。

べにふうきを上手く利用しておいしくお茶をいただき、辛い花粉症の症状を少しでも楽にしてください。

井ヶ田製茶の「べにふうき」をどうぞ

黒山べにふうきティーパック
べにふうきティーバッグ

井ヶ田製茶では、メチル化カテキン入りのべにふうきを販売しています。

『黒山べにふうきティーパック』は、井ヶ田製茶の黒山茶園で大切に育てたべにふうきの一番茶と二番茶をブレンド。
緑茶特有の渋味を抑えた飲みやすさで、香り高く仕上がっています。

花粉症のシーズンだけに限らず通年飲み続けたい方は、通信販売で購入することもできますのでぜひご覧くださいね。 

<黒山べにふうきティーバッグ通販サイトはこちら


お茶についてもっと知る

井ヶ田製茶北郷茶園ブログTOPへ