この一杯が茶師の思いのすべてを語る

「想いをごあいさつに」

埼玉県で狭山茶をつくっていた初代社長井ヶ田嘉重郎の「これからの茶製造は九州だ」という信念のもと、
九州各地で適地を探してたどり着いたのが宮崎県の北郷町黒山。

ここは規模は小さいが、地元では古くからの茶どころとして知られているところ。

お茶でこだわりたかったのはなんといっても香り。

茶園は黒山の標高300〜350メートルに位置する高地なので気温差があり、土壌も中世層と第三紀成層という地層で火山灰土と違う。

その上傾斜地なので霜害が無く、すぐ下に広渡川が流れ空中湿度も高いことから霧、かすみがかかる最高の条件を呈していました。

そんな自然環境の黒山茶園では、農薬を使わない有機栽培にてお茶を育てています。

有機栽培の茶畑

小松山の麓、天空の茶園と称される黒山茶園

お茶の淹れ方を動画でご紹介

黒山茶園の動画はこちら